au PAY プリペイドカードが不正利用された事件と補償までの一連の流れまとめ。プリペイドカードの補償期間は要注意。

au PAY プリペイドカードが不正利用された話と補償までの交渉全まとめ

au PAYプリペイドカードを不正利用された事件とその顛末。

 

au PAYプリペイドカードを以前から利用していましたが、何故か不正利用されてしまいました。

カード番号は隠していますが、こちらが実際に使われたau PAYプリペイドカード(旧au WALLETプリペイドカード)です。

 

 

残高が残っているかも記憶にないくらいのレベルで久しく使っておらず、棚の奥底に眠っていたプリペイドカードです。

急に以下のメールが届きなんだこれは?となったのが事件発覚の発端です。

実際に起こった出来事についての流れをご紹介していきます。

 

【au PAY】残高不足のお知らせ[メールコードP1201]が数通届く。利用した記憶は一切無し。

 

au pay不正利用

 

いつもau PAYをご利用いただき、ありがとうございます。

au PAY 残高が不足しているため、ご利用いただけませんでした。

au PAY アプリまたはサイトにログインして、残高をご確認の上、チャージ(入金)を行ってください。毎回のチャージ(入金)の手間がなくなるオートチャージ機能をぜひご利用ください。

■au PAY アプリ
https://wallet.auone.jp/contents/app/?medid=mail&srcid=wallet&serial=0499&branch=P1201

■au PAY サイト
https://wallet.auone.jp/?medid=mail&srcid=wallet&serial=0500&branch=P1201

ご利用いただけなかった内容
・ご利用日時:
・ご利用店舗:ブランドプリペイド加盟店
・ご利用金額:
==========
・au PAY 残高:
・管理番号:************
※ご利用日時は、処理が行われた時刻です。お客さまがご利用された時刻とは異なる場合がございます。
※管理番号は、au PAY 残高を特定する番号です。お問合せの際に確認させていただくことがございます。

■au PAYのよくあるご質問はこちら(au Q&Aプラス)
https://www.au.com/support/faq/?medid=mail&srcid=wallet&serial=0501&branch=P1201

■お問い合わせ先 au PAYお問い合わせ窓口
電話番号:0120-977-964
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

 

このように「残高が不足している」というメールが届きました。

本残高不足のメールは1通ではなく2通届きました。

そもそも書かれた時間は仕事をしており、利用した記憶は一切ありません。

au PAYは使っていませんし、プリペイドカードに至っては棚の奥底に眠っている状態ですのでこれはおかしいな。と思いました。

 

au PAYに問い合わせをする。不正利用の疑いを伝える。

 

■お問い合わせ先 au PAYお問い合わせ窓口
電話番号:0120-977-964
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

 

即こちらの窓口に問い合わせました。

オペレーターの方とお話しをし、利用した事実はない事を伝え調査していただく事となりました。

その際に確認したのが「ご利用店舗:ブランドプリペイド加盟店」とあるが、これはどこの店舗なのかという点。

 

ハヤト

不正利用の可能性が極めて高いのでこの利用店舗を教えてください。判明すれば利用内容から私ではない事も証明でき犯人も特定できませんか?

オペレーター

現時点ではわからない為、調査に数週間のお時間をください。

 

残念ながらこの利用したオペレーターレベルでは現時点ではわからないとの事でした。

調査には数週間かかるという点を通告され、さらにしばらく待つ事になりました。

 

そもそも「au PAY プリペイドカード」には不正利用対応はあるの?

 

クレジットカードの中でも今回は「プリペイドカード」に関するトラブルです。

通常のクレジットカードでは補償が多々ありますが、プリペイドカードは便利ですが、こういう時は不安要素になります。

 

確認したところ幸いにも補償がありました。

 

https://pass.auone.jp/anshin/wallet/compensation/

 

補償の概要

au PAY プリペイドカード盗難紛失補償は、au PAY プリペイドカードが盗取、詐取、横領され、または紛失し、かつ補償期間中に不正使用されたことによって、被保険者が被る損害を補償する保険です。

補償の内容等

保険金をお支払いする場合

au PAY プリペイドカードが盗取、詐取、横領または紛失した旨の申告をKDDIが受付けた日の10日前から受付けた日を含む11日間(補償期間)に、不正使用された場合。

※カードの偽造・変造や番号盗用による不正使用は補償されません。

 

お支払いする保険金の額

■︎損害の額

※保険期間中100万円(不課税)を限度とし、1回のお支払いが限度となります。

※保険期間中に他人に不正使用された金額とし、利息および手数料相当額は含みません。

 

保険金をお支払いできない主な場合

次のいずれかに該当する事由によって生じた損害に対しては、保険金をお支払いできません。

・被保険者またはこれらの者の法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反

・被保険者の同居の親族および別居の未婚の子等が自ら行い、または加担した盗難

・カードが被保険者に到達する前に発生した盗難または紛失

・他人に譲渡、貸与または担保差入れされたカードの使用

・カードに記載された有効期限を経過した後に行われた使用

・カードに被保険者自らの署名が行われていない状態で行われた使用

・カードの会員規約違反

・戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変または暴動

・地震もしくは噴火またはこれらによる津波

核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故など

 

 

ポイントは「KDDIが受付けた日の10日前から受付けた日を含む11日間(補償期間)に、不正使用された場合。」です。

今回の場合はメールに気づいた数分後に連絡をしたので、この不正利用に対する補償期間内に該当しています。

逆に言えば期間が過ぎてしまうと対象外になるので、もし同様な事件があった際には即連絡しましょう。

 

3週間後経過報告が入る。不正利用の可能性が高いとの回答あり。

 

連絡をしてから3週間経過したタイミングで折り返しの連絡がありました。

だいぶ遅いなとは思いますが、こればかりはどうしようもないですね。

 

オペレーター

お待たせしました。利用店舗が判明しました。AliExpressです。利用された事はありませんか?

ハヤト

使った事はありますが他のクレカで決済します。au PAYプリペイドカードはそもそも数年使っていないはずです。

私個人としてAliExpressは使っています。以前ご紹介したこの記事の様な変態ガジェットやスマホ関連グッズでの購入に使います

SIMカードアダプタ

SIMカードが12枚入る変態SIMカードリーダーをAliExpressで輸入してみた。利用レビューと荷姿や納期について。

2020年3月16日

ですが海外での利用の場合には対策として保障のある他のクレジットカードを使いますし、au PAYプリペイドカードでの利用はここ数年した事はありませんのでこれはおかしいですね。

 

オペレーター

残高の利用履歴を見るとその様ですね。不正利用の可能性が高いので残高のお戻し含めて進めます。今後の流れとして警察に行かれた上で届け出をしてください。また受理番号を教えてください。

ハヤト

警察ですね。被害届け出はないんですか?

オペレーター

はい。被害届ではなく受理番号で大丈夫です。

ハヤト

了解しました。再度お伝えします。

 

残高の補償の為に「警察への届け出」をして欲しいとの事でした。

私の残高が減ってはいるので被害者は私になるのかと思いきや、実際のところプリペイドカードの残高の被害者としては管理する「au PAY」側になるそうです。

よって被害届ではなく「このような事件があった事を相談したという、受理番号で記録を残す」という形になるとの事。

即日警察に出向き相談をしました。

 

警察での届出について
  1. 経緯説明および証拠としてメールを提示し、撮影。
  2. 受理番号、届け出日、受理した警察署の情報を教えてもらう。

 

こちらの情報を再度オペレーターの方に伝え、あとは補償されるのを待つだけになりました。

 

番号を伝え3週間後に「不正利用の損害補てん」が完了。後日電話でも連絡あり。

 

au PAY不正利用の補填

いつもau PAYをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様のau PAY 残高へのチャージ(入金)が完了しました。

詳細は以下の通りです。

・処理日時:
・お取引企業:KDDI株式会社
・チャージ金額:

不正利用の損害補てん

au PAY アプリ/au PAYサイトにログインして、チャージ(入金)履歴からも確認可能です。

■au PAY サイト
https://wallet.auone.jp/?medid=bcml&srcid=wallet&serial=0404

※なお、このメールにお心当たりのないときやご不明点がある場合は、下記のお問い合わせ先にお電話ください。
※本メールは送信専用のため、返信はお受けしておりませんので、ご了承ください。

■au PAYに関するお問い合わせ先
電話番号:0120-977-964
受付時間:9:00~20:00(年中無休)

 

急にメールが届き、au PAYへのチャージ(入金)が完了しました。

「不正利用の損害補てん」と記載がありますが、利用された金額に対してのチャージがされました。

また実際に届いたメールの通数は「4件」と増えてます。

履歴を見る限り不正利用者が決済を行う際に残高がいくら残っているかわからないので「少額決済」を繰り返したものだと思われます。

 

事件発覚から2か月程度かかりましたが、最終的には全額補償していただけたので一安心ですね。

 

 

不正利用された事の簡単なまとめ
  • 不正利用にピンときたら即連絡。
  • 利用明細やメールの履歴は気を付ける事。
  • 調査に約3週間、警察への手続き、補償まで約3週間かかった。
  • 決着まで合計で約2か月程度かかる。
  • 11日以上時間が経つと保証対象外になるかも。
  • プリペイドカードはおトクな面もあるが補償に注意。
これだけは
気を付けて

何よりも最初にカードの利用停止と、カード会社への連絡を

 

第三者による不正利用による損害の補償にも対応しているケースがありますが、補償の対象とならない場合もあるので規約等の確認を行いましょう。

 

 

【考察】不正利用された理由は「クレジットマスター攻撃」の可能性も?

 

実際になぜ私のプリペイドカードが不正利用されたのかはわかりません。

そもそも手元にありますし、ここ数年利用した事はありません。

 

あくまでも私見ですが考えられるのは「クレジットマスター攻撃」の被害にあったのかな。という風に考えました。

カード番号の規則性を悪用してカード情報を特定された可能性があるかなと思います。

 

不正利用の被害の補償について。三井住友カード株式会社が運営する「ヒトトキ」情報マルシェより抜粋。

 

三井住友カード株式会社が運営する「ヒトトキ」というサイトがありますが、こちらに面白いデータがあります。

引用元:【ヒトトキ調査】クレジットカードの不正利用被害にあった500人に聞いた!私のカードでテーマパークのチケットが買われていた??

 

不正利用の被害は補償された?されなかった?16.4%が補償されなかったとの事。

 

 

16.4%が補償されなかったようです。ではなぜかというと、以下の1位と2位が大きいですね。

 

  1. 警察に被害届を提出していなかった
  2. 不正利用されてから長期間「カード会社に連絡していなかった
  3. カードの裏面に署名していなかった

 

 

三井住友カードプリペイドカードの場合の補償について。

 

他にもプリペイドカードでよく耳にするのが「三井住友カードプリペイドカード」です。

こちらも調べてみたところ、以下の表記がありました。

 

紛失や盗難によってカードが不正利用された場合は補償されますか?

Visaプリペの第三者による不正利用は、一部のお取引を除き、届出日の60日前からその損害を補償します。

ご利用覚えのないお取引があった場合は三井住友プリペイドデスクまでご連絡ください。

<補償対象外>
・暗証番号による取引
・スマートフォンまたは会員情報の紛失・盗難等によるApple Payの取引
(会員情報の管理について、Apple Pay利用者に故意または過失がないと当社が認めた場合はこの限りではありません)

 

https://qa.smbc-card.com/prepaid/visaprepaid/detail?site=4H4A00IO&category=85&id=300

 

Q.ビジネスプリペイドの紛失・盗難・不正利用は補償されますか?

ビジネスプリペイドの紛失・盗難・事故・第三者による不正利用については、補償の対象となりません。あらかじめご了承願います。

なお、紛失・盗難時には、マイページのご利用ロック機能にてカードの利用停止手続をお願いします。マイページは管理責任者の方、もしくはプリペイド担当者の方にてご利用いただけます。

https://qa.smbc-card.com/prepaid/businessprepaid/detail?site=4H4A00IO&category=54&id=234

 

法人向けのカードでは補償対象外になるようですね。

気を付けましょう。

 

 

私の場合は気づいた即日に連絡をし関係各所との連携を取ったので問題なかったですが、やはり早めに動くのが肝心ですね。

また万が一利用された場合には、即動かないと対象外になるケースがあるのでその点もご注意ください。

今回幸いにも補償対象となりましたが、良きキャッシュレスライフを送るためにも皆様お気を付けください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です