満6歳以上から持てる「三井住友Visa プリペ」が誕生。小学生以上から持てキャッシュレス・消費者還元制度も利用可能なカード

満6歳以上(小学生以上)から持てるVisaプリペイドカードが誕生。

 

 

10月から開始された「キャッシュレス・消費者還元制度」を利用する事で、最大5%の還元を受けることができるので現金で払うよりもよりおトクに決済する選択肢のご紹介です。

現金よりもキャッシュレスを活用する事で割引が受けれます。よって積極的に利用したいところですが、年齢制限のハードルがあるため発行が難しい場合がありますよね。

今回対象年齢が非常に低いVisaプリペイドカードが発表となりました。

 

Visaプリペ 公式サイトはこちら

 

https://www.smbc-card.com/prepaid/visaprepaid/index.jsp

 

「キャッシュレス・消費者還元制度」にも対応。最大5%還元。

 

『Visaプリペ』は発行手数料無料の気軽にお持ちいただけるプリペイドカードです。審査不要、誰でも簡単にインターネットよりお申し込みいただけます。国内外のインターネットを含むVisa加盟店でお買物にご利用いただけるほか、「Visaのタッチ決済」に対応することで日本を含む世界の国と地域における「Visaのタッチ決済」加盟店にて、お店の読み取り機にカードをタッチして簡単に決済がおこなえます。また、Apple Payに対応しているので、日本国内のiD加盟店でお店の読み取り機にiPhoneなどの対象デバイスをタッチして簡単に決済がおこなえます。 プリペイドカードなので使い過ぎが防げます。ご利用通知が届くので、安心してお買物ができます。
毎月のご利用特典としてキャッシュバックがあるので、現金でお買物するよりもお得です。 『Visaプリペ』は2019年10月より始まる「キャッシュレス・消費者還元制度」の対象商品となります。弊社がキャッシュレス決済事業者として本登録されたことで、「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する店舗で、『Visaプリペ』でお買物すると、最大5%還元されます。

 

対象店での購入の場合、現金よりも最大5%還元になるのでぜひ利用しましょう。

 

 

三井住友カードが9月25日に「Visaのタッチ決済」に対応したプリペイドカード「Visa プリペ」を発行開始。

 

このカードは規約上見てみると申し込み条件:満6歳以上(小学生以上)の方となっており年齢制限が非常に低いハードルとなっています。

例えば初めての方向けのクレジットカードとして「三井住友VISAデビュープラスカード」がありますが、以下の年齢制限があります。

 

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)。未成年の方は親権者の同意が必要です。

https://www.smbc-card.com/nyukai/card/debutplus_biz.jsp

 

 

ご家庭の教育方針にもよるとは思いますが、お小遣いを今回のVisaプリペにチャージされて利用する事キャッシュレスを体験しつつ、さらに割引を受ける事を学べますね。

 

申込完了すると、1週間~10日程度で到着。

 

 

こちらは申し込み完了画面ですが、本人限定郵便での受取になります。

保険証等をご用意の上、到着を待ちましょう。

 

プリペイドカードの発行には保護者の同意が必要です。

 

非常に便利なプリペイドカードですが、保護者の同意が必要です。

例えば18歳未満の方がVisaカード等を活用したいと思った場合には「プリペイドカード」という選択肢もありますがカードの種類によっても年齢のハードルは異なります。

 

例えば「バニラVisaカード」は13歳以上の方から対象。

 

審査不要で気軽に使える「バニラVisaギフトカード」もありますが、こちらも制限があり13歳以上の方が対象です。

 

http://www.vvgift.jp/gift/notice_using.html

 

 

よって今回の「Visaプリぺ」はそれをさらに下回るという、小学生でも持てるハードルが非常に低いカードとなります。

 

他にも年齢確認不要の「バンドルカード」もあり。保護者同意のみで審査不要。

 

 

制限が無い。という意味ではバンドルカードという選択肢もあります。

 

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。アプリから1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」が発行され、使う分のお金をチャージしてすぐにご利用できます。「リアルカード」を発行すれば街のお店でもお買い物ができます。

バンドルカードは審査や制限がありません。アプリをダウンロードし、IDなどの登録をすれば利用可能です。また、未成年であっても保護者の同意があれば利用可能です。これまで高校生などは、クレジットカードなどを持つ場合、家族カード等でない限り制限などが厳しく、オンラインでの買い物などが面倒なものでしたが一気に楽なものになります。

 

未成年の同意が必要ですが、こちらも手ですね。

 

https://vandle.jp/

 

バンドルカードも「キャッシュレス・消費者還元事業」に伴い、ブランドプリペイドカード「バンドルカード」での決済に対して最大5%のポイント還元がされるので現金よりもよりおトクになります。

 

株式会社カンム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:八巻渉、以下「カンム」)は、10月から開始される「キャッシュレス・消費者還元事業」に伴い、ブランドプリペイドカード「バンドルカード」での決済に対して最大5%のポイント還元を実施します。実店舗だけでなくネットショップでのお買い物や、タクシー・マッサージなど各種サービスにおけるお支払いも還元対象となります。

 

https://kanmu.co.jp/news/20190930-cashless-pointback/

 

 

「キャッシュレス・消費者還元制度」を利用する事が出来るのは、現金決済ではなく「クレジットカードやQRコード」などの決済が対象です。

未成年の方でもその割引を受ける方法の一つとして、ぜひご参考ください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です