3月は「コード決済キャンペーン」が熱い!【d払い20%還元】&【PayPay(ペイペイ)最大20%還元・やたら当たるくじ】&【LINE Pay20%還元】を徹底攻略まとめ!

3月は「コード決済」のキャンペーンが熱い!各キャンペーンの最適な攻略法を検証してみました。

 

※2019年3月2日 1:30更新
d払いの利用上限額を修正しました。失礼いたしました。
25,641円と当初記載していましたが実際の支払額の場合、41円に対してはポイント付与されないため200円で1ポイント分繰り上がり「25,800円」が上限となります。申し訳ございません。

 

3月がスタートしましたが「コード決済」のキャンペーンが凄い事になっています。

d払い、PayPay、LINE Payといった「コード決済」の覇権争いが勃発しており、各々特色あるキャンペーンとなっています。

これらのキャンペーンを攻略したいところですが、全て20%還元ではあるものの上限も異なり複雑化している為以下にまとめてみましたのでご覧ください。

 

本件誤りの無いよう計算を重ねてはおりますが、本件はあくまでも私見の為誤りの可能性もありますのでご自身のご判断の上ご利用ください。

 

【結論】1回あたりの支払額・支払い店舗によっての使い分けがベスト

 

各支払い方法の詳細は各コーナーで解説していきますが、総括としてまとめると以下と考えます。

※たとえ還元率が悪くとも「dポイント」を多く貯めて「dポイント投資」に活用したい。というニーズもあると思いますので、そのあたりはご自身の利用イメージによってご検討ください。あくまでも還元率をイメージとした内容となります。

 

前提条件

・「d払い」と「PayPay(ペイペイ)」を同一店舗にて支払い選択可能な場合としての条件とする。

・支払い方法による「ポイントの還元率」のみの考えとする。

・家電量販店独自施策、支払い方法別ボーナスポイントの付与は以下には含まない。

・複数回ではなく、1回あたりの決済上限額での計算とする。

・LINE Payはドラッグストア限定のため、ドラッグストアでは優先的に活用。

上記の条件に基づき、計算すると以下となります。

 

(例)家電量販店・コンビニ等でのご利用額によるおススメ支払い方法

(1)1,000円以下の決済の場合

PayPay(ペイペイ)にしましょう。

「やたら当たるくじ」に当選する可能性があるため、「d払い」よりも期待値含みで還元額が上になります。

 

(2)5,000円以下の決済の場合

この時点でも「PayPay(ペイペイ)」がおススメです。金額が低いほどPayPayの方がメリットがあります。

(1)同様、「やたら当たるくじ」に当選する確率があるため、「d払い」よりも期待値では上になります。

ただし、これ以上の支払い額になるとPayPayの1回あたりの付与上限と「やたら当たるくじ」の当選による上限の壁(1,000円分)を越えているため、5,000円まではPayPayが有利です。

 

(3)5,001円~25,800円以下の決済の場合

「d払い」がおススメです。

PayPayの1回あたりの上限の壁(1,000円分)を越えているため、これ以上は還元率が以下のイメージで下がります。

PayPay支払額 還元率 還元額(ポイント)
5,000円 20% 1,000
6,000円 16.67% 1,000
7,000円 14.3% 1,000
10,000円 10% 1,000

 

対してd払いは上限までは一律40%(実質は20%)還元となるため、付与上限の5000ポイントまでは同一還元率の20%となる為です。

よって支払い方法を切り替えるタイミングとしては、5,000円以上の場合は「d払い」にしましょう。

 

(4)25,800円以上の決済の場合

d払いがおススメですが、還元率は以下の表の様に変化します

d払いの付与上限が5,000ポイントまで。となている為以下の計算となります。

減るとはいえ、仮に10万円決済しても5.5%の還元のため、他の決済方法よりもおトクではありますね。

 

※25,641円と当初記載していましたが実際の支払額の場合、41円に対してはポイント付与されないため200円で1ポイント分繰り上がり「25,800円」が上限となります。申し訳ございません。

 

d払い支払額 実際の還元率 還元額(ポイント)
25,800円 20% 5,000
30,000円 17.2% 5,150
50,000円 10.5% 5,250
70,000円 7.6% 5,350
100,000円 5.5% 5,500

 

上記の様に支払額に応じて実際の還元率が変わってきます。

 

【攻略のポイント】d払いは5,000ポイントが付与上限。PayPayは50,000円相当。ここに注目。

上記での解説は、あくまでも1回あたりの支払いでの上限値計算です。

キャンペーン全体での付与上限額が違う事と、1回あたりの付与上限が違う為に使い方が異なります。

 

キャンペーン全体の付与上限がポイント

・d払いは5,000ポイントが付与上限だが、1回あたりの決済上限も同額。

・PayPayは50,000円相当だが、1回あたり1,000円まで。

上限に10倍の差がありますので、ここがポイントです。

 

よってざっくりとした解説としては、以下の3つがポイントです。

・メインの利用は「PayPay(ペイペイ)」を活用する方向(トータル付与上限が多いため)

・5,000円以下は「PayPay」を活用し、極力小口決済を心がける。

・5,000円以上、25,000円程度の大口決済では「d払い」を行い、5,000ポイント獲得したら終了。

という形になると思います。

 

【d払い解説】d払いでdポイント40倍還元!(実質20%還元)キャンペーンが3月1日から開催!!

 

ドコモ恒例「春のスーパーチャンス」の代わりに?d払いキャンペーンがスタートしました。

【ドコモ d払い】3月スタート!d払いでdポイント40倍還元!(実質20%還元)キャンペーン決定!!

2019年2月15日

次のコーナーでご説明する、PayPayのキャンペーンにぶつけてきた形となっていますね。

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_p401902/cpn_dpay_p401902.html

 

キャンペーン名称

d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン

※実際には「ご利用金額200円(税込)につき1ポイント進呈」のため、還元率ベースでは20%になります。

キャンペーン期間

2019年3月1日(金)10:00~2019年3月31日(日)23:59

キャンペーン概要/応募条件

キャンペーン期間中にエントリーし、街の対象店舗のお買物をd払いでお支払いいただくと

ご利用金額に応じてdポイントを通常の40倍(通常ポイント+キャンペーンポイントとして39倍分)還元します。

ご利用金額200円(税込)につき1ポイント進呈

がd払いの条件ですので、いつもの100円で1ポイント換算とは異なります。

 

実際の還元率は20%です。

キャンペーンポイント進呈上限

5,000ポイント

こちらに対する利用上限金額は200円で1ポイント、39%の付与となる為

利用上限:25,641円(税込)まで

になると思います。

利用方法・40倍(実質20倍)を貰う為には?

アプリインストール後、エントリーを行いd払いでお買物をしてください。

 

https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_p401902/cpn_dpay_p401902.html

 

【PayPay(ペイペイ)解説】最大20%還元&やたら当たるくじ!

 

 

https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

 

こちらは2月12日から開催されている話題のPayPay(ペイペイ)のキャンペーンです。

【PayPay(ペイペイ)】第2弾100億円キャンペーン!支払ったら「最大20%戻ってくるキャンペーン」と「やたら当たるくじ」が開催|2019年2月12日(火)9:00から攻略開始

2019年2月4日

1回あたりの付与上限が1000円相当と低くなっているため、前回ほど高額なキャンペーンではありませんが日々の買い物には非常におトクな内容となっています。

PayPay決済利用毎に最大20%戻ってくるキャンペーン

 

支払い方法によって、付与率が若干変わっています。

1回あたり1,000円相当が上限となり、キャンペーン期間中は総合計5万円までとなります。

キャンペーンポイント進呈上限

50,000円相当

こちらに対する利用上限金額は100円で1ポイント、20%の付与となる為

利用上限:100,000円(税込)まで

となります。

※やたら当たるくじは懸賞のため、上記計算からは除外してます。

 

やたら当たるくじ(懸賞)10回に1回 or 5回に1回の確率で、最大1,000円戻ってくる

今回は10回に1回の確率 or Yahooプレミアム会員は5回に1回当選です。

 

「やたら当たるくじ」にて当選すれば最大1,000円戻ってくるので、1回あたりの購入額が1,000円での決済の場合に活用するのが理想ですね。

仮に5,000円の決済の場合、当選しても最大1,000円の超えられない壁にぶつかるため、同額の還元額となってしまいます。

 

PayPayを利用する場合には5,000円以下の決済を複数回実施が最適かと考えます。

 

https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

 

LINE Pay 春のお客様感謝祭!ドラッグストアでのコード支払いで20%還元キャンペーン

 

 

LINE Payも実施していますが、今回の20%は「ドラッグストア」がメインとなっています。

http://pay-blog.line.me/archives/15564196.html

 

春のお客様感謝祭!ドラッグストアでのコード支払いで20%還元キャンペーン さらにマイカラーで上乗せも!

■キャンペーン概要

期間中、対象のドラッグストアにて、LINE Payの「コード支払い」でお支払いいただくと、後日ご利用金額の20%を還元いたします。 

※20%還元の上限は3,000円相当です。 (1.5万円まで)

【期間】
2019年3月1日(金)0:00 ~ 2019年3月14日(木)23:59

【対象】
期間中、対象店舗にて、LINE Payの「コード支払い」でお支払いいただいた方全員。

さらに上乗せ!QR/バーコード支払いで誰でも3.5%以上、最大5%ポイントバック!

2018年8月1日から2019年7月31日の1年間、LINE PayのQR/バーコード支払いを利用すると、通常のマイカラーのポイントに「+3%」上乗せ!
バッジカラーがグリーンの方はなんと5%ポイント還元!
グリーンではない方でも3.5%以上のポイント還元となるので、ぜひこの機会にQR/バーコード支払いをご利用ください。

 

となっております。よって20%にさらにカラーに応じて還元率がUPしますので、ドラッグストアを利用する際は還元率がさらに高まるとLINE Payを利用するのが良いでしょう。

 

http://pay-blog.line.me/archives/15564196.html

 

http://pay-blog.line.me/archives/10928823.html#topic1

 

【まとめ】PayPayメインがオトクですが、ご自身のニーズにあった支払い方法を使いましょう

 

長文になってしまいましたがが、お読みいただきありがとうございました。

冒頭でも記載しましたが、たとえ還元率が悪くとも「dポイント」を多く貯めて「dポイント投資」に活用したい。というニーズなどもあると思います。

支払い方法に設定するクレジットカードでの還元率も考慮するなどさらなる手法もありますが、ライフスタイルに合わせた形での支払い方法がより良いと思います。

今回のキャンペーン比較の為、還元率の参考例としてご覧ください。

 

記事のおさらい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です