Twitterではブログ以外の情報も。ぜひフォローください!

6gramのインビテーションが到着。mixiから新しいプリペイドカードが誕生!登録~チャージの流れと利用方法について。

6gram 概要説明

mixiから6gramという「プリペイドカード」が誕生。早速登録してみました。

 

6gramという新しい「プリペイドカード」のアプリが誕生しました。

クレジットカードの新しいスキームを見るとついつい試したくなるので、早速実験してみました。

 

6gram 概要説明

今までのカードに「1グラムを追加」したというコンセプトイメージの様ですね

利用の前に運営母体はどこかなと思い調べたところ、なんとmixiでした。

 

販売事業者名:株式会社ミクシィ

https://6gr.am/settlement/#

 

インビテーション制度の為、すぐには登録はできません。

後述しますが6gramのアプリをインストールし、運営からの連絡を待つか既にユーザーからの紹介を来なう事で利用が出来るサービスとなっています。

※2019年12月10日現在。

 

早速導入方法から、出来る事などをまとめてみましたのでご覧ください。

公式サイト 6gramはこちら

 

https://6gr.am/

 

 

利用の注意点
  • JCBカード(バーチャル)として利用が可能。
  • プリペイドカードに加えて、QUIC Pay+が利用可能。
  • 最大30枚まで発行可能。
  • 20万円まで残高に入れれる。
  • 残高チャージは「VISA or マスター」のみ。
  • Android限定。iOSは待ちましょう。
  • 「3Dセキュア」が必要なお店(ネット)では6gramは使えません。
  • 残高の共同管理が可能。
  • mixiが母体。
これだけは
覚えよう

 

 

そもそも何ができるの?カードを多く発行でき、共同管理も可能。

 

6gramカードとは?

すぐに何枚でも発行できる“プリペイドカード”です。ひとりで使うことも、グループで使うこともできます。

 

6gram カードをたくさん作れる

 

この一言は凄いですね。

カードをたくさんつくれます。

どのくらい作れるのかと思い調べたところ、以下の条件でした。

最大で30枚まで利用が可能です。

 

 

6gramカード発行上限

6gramカードは利用状況に応じて発行枚数に制限があります。

【支払情報未登録の場合】※

  • 6gramカード 3枚まで発行可能

 

【支払情報登録済みの場合】※

  • 6gramカード 30枚まで発行可能

※ 支払情報 (クレジットカード、銀行口座)

 

https://support.6gr.am/hc/ja/articles/360034556252-6gram%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E7%99%BA%E8%A1%8C%E4%B8%8A%E9%99%90

 

6g cashと呼ばれる残高は20万円までになるようですね。

 

6g cashの所持上限値について

20万円まで
※当社指定のご本人情報を登録頂いた場合

6g cashの有効期限

残高の増減が発生した最後の日から2年 (6gramカードの有効期限は2年です。)

 

まずは試しに1,000円チャージしてみました。

 

6gram 逸般人

 

VISAカードからのチャージを行いました。

 

6gram JCBはNG

 

カード登録をまず行ったのですが、3Dセキュアでの認証が必要となり以下の様に有効性を確認する為の「1円認証」が入ります。

また、支払先の店舗名はmixiとなっていますね。

 

6gram mixi

 

これで認証が完了しました。あとは1,000円分と言った形でチャージしましょう。

 

クレジットカード以外の「銀行口座」からも可能です。

 

 

  • 三菱UF」銀行 MUFG
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行 SMBC
  • りそな銀行 RESONA
  • リそな銀行
  • 埼玉りそな銀行 RESONA
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

 

ここから選択しましょう。

 

残高をグループで共同管理を行う事も出来ます。

 

6gramグループ

 

インスタントカードの発行が可能。

すぐに何枚でも発行できるプリペイドカードで、誰でも発行でき、一度きりの利用でも、普段使いでもアプリ上ですぐに操作ができます。

 

 

切り替えてつかう

QUICPay+ や カードでのお支払いも可能です。どのカードを使うのかを自由に切り替えられます。

※リアルカードは近日中に予約受付開始の予定です。

 

バーチャルカードだけではなく、QUIC Pay+でも利用がでます。

ホーム画面にあるチャージした6gramのカードの箇所を押すと、以下の様に画面が切り替わります。

実際にはここにクレジットカードの番号が書かれていましたので消しました。

 

6ramカード情報

 

カードブランドとしてはJCB。

 

既にチャージ済ですので、おいおい利用してみたいと思います。

 

使えるお店は?使えない店は?

 

6gram カードは日本全国のお店でつかえます。※一部加盟店を除く

全国のタッチ決済(QUICPay+)対応店でもご利用できます。

 

とありますね。ただ実際に使えない店・方法についての記載がありましたのでご紹介したいと思います。

 

ご利用可能なお店に関して(オンライン)

全国のJCB オンライン加盟店にてご利用いただけます。

ただし下記のお支払いにはご利用できない場合やご利用にあたり制約が発生する場合があります。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設(ホテル・旅館等)
  • 公共料金
  • 定期購買(ニュース配信・受信料)
  • 保険料支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 特急券
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • (*)プリペイドカードや電子マネー

※ 対象商品・サービス側で利用拒否の場合

 

 

3Dセキュアが必要なお店では使えません。

 

これは残念ですね。当初使えるかと思っていましたが、チャージの時に3Dセキュアが必要だった為勘違いしていました。

また、プリペイドカードや電子マネーの支払いには利用できないとのことですが、※にある通り利用拒否されていないところがあれば使えるかもしれません。

 

mixiの様に招待制。もしくは既にユーザーから招待リクエストでも可能。

 

6gramのアプリを利用する為には、Androidアプリを入れたのちSMS認証を経て「招待を待つ」もしくは「既に持っているユーザーからの招待」で利用が可能になります。

私の場合は12/6(金)のタイミングで申請を行ったところ、12/9(月)に来ました。

 

 

現在の状況はわかりませんが、数日待てば来るかもしれませんね。

アプリからサービス運営宛に招待をリクエストすることもできますが、お急ぎの方は私まで声かけ頂ければご招待も可能ですので別途Twitter等でご連絡ください。

 

アプリのインストールはこちら

 

6gram - みんなで楽しく使える新しいウォレットサービス

6gram – みんなで楽しく使える新しいウォレットサービス

mixi, Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

後日リアルカードの申し込みも計画中。

 

6ram リアルカード

 

いつから可能になるか分かりませんが、もし来たら実験してみたいと思います。

 

 

QUIC Pay+(クイックペイ払い)も可能。Google Payに登録しました。

 

バーチャルカードだけではなく、QUIC Pay+としても利用が可能です。

現状はAndroid限定の為、Google Payに6gramを登録する形となりました。

6gramクイックペイ Qucick pay

 

還元率の情報等は特に記載が無いため分かりませんが、判明次第追記してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です