【2021年5月~LINE Pay 特典クーポン】還元率・オススメな使い方の解説と、直接取得できるリンク先について

2021年5月から変わった、LINE Pay特典クーポン情報と取得方法について

 

LINE Payのクーポンの内容は毎月変わりますが、今回は大きな変化がありました。

良くLINE Payを利用されている方はご存知かもしれませんが、今までの割引率から大きな変化がありました。

 

 

利用できる制限がなくなったのは良いのですが、実際のところ割引の%が減っているので使わないケースも出てくると思います。

今回はご紹介とその取得方法・使い方について簡単にご紹介してみたいと思います。

 

LINE Payクーポンの取得はこちらが便利

 

https://lin.ee/zOkWdoz/qjha?redirect_channel_id=1554336950

 

あまり知られていませんが、実は直リンクがありクーポンを簡単に取得出来ます。

こちらをスマートフォンでタップするだけで取得ページに行けるので、ぜひ利用してみてください。

 

 

LINE Pay特典クーポンのオススメ内容

 

 

こちらは以前ご紹介した記事ですが、こちらの様に家電量販店で5%OFFなどのクーポンがありました。

 

LINEポイントプログラム

【2020年5月~】LINEポイントクラブがスタート!クーポンが最大で月10枚も使えるオトクなランク制度に!

2020年5月2日

 

今回確認してみると%が1%などに減っておりかなり残念な結果になりました。

さらに注意点としてあるのが、以下のチャージ&ペイの還元率です。

 

2)チャージ&ペイの還元率

チャージ&ペイご利用時還元率:LINEポイント一律0.5%

チャージ&ペイとは、LINEクレカをLINE Payのお支払い方法に登録いただくことで、事前に銀行口座や現金で残高をチャージしなくても、コード支払いなどが可能になる機能です。
過去6ヶ月間のLINEポイント獲得量に応じて変動するLINEポイントクラブのマイランク制度終了に伴い、2021年5月1日0:00よりマイランクに応じた還元率から一律での還元率へと変更となります。

 

4月までは3%の還元率が0.5%に減りつつ、1%OFFのクーポン割引率と減りました。

合計でも約1.5%(厳密には少し減りますが割愛)という事になるので、あまりこの%では使う意味が無いですね。

ここの割引率の差が非常に残念ですが、その中でもコンビニでの利用の場合には5%という率があります。

結論として2%以上の割引率の時だけ使いましょう。

 

また、それ以外の場合には、Visa LINE Payクレジットカードの2%還元を使いましょう。

 

 

 

特典クーポンのオススメ掲載加盟店(最新の情報は直接ご確認を)

 

■家電

ビックカメラ、ヤマダデンキ、エディオン、Joshin、など

■ネットサービス

Qoo10、ZOZOTOWN、ラクマ

■コンビニ

デイリーヤマザキ、ミニストップ、ローソン

■ドラッグストア

マツモトキヨシ、ウエルシア、ココカラファイン、サンドラッグ、ツルハ

■スーパー

サミットストア、東急ストア、ライフ

■趣味・娯楽

WINTICKET、オートバックス、GEO、コミックシーモア、TSUTAYA、TOHOシネマズ、ブックオフ

■グルメ

Uber Eats、くら寿司、ケンタッキーフライドチキン、すき家、スシロー、出前館、ほっともっと、松屋フーズ

■生活・住まい

ジョイフル本田、トイザらス、ロフト

■百貨店・モール

西武、そごう、PARCO

 

使い方については公式サイトで動画での解説があるので、そちらをご覧ください。

といっても先ほどのリンク先を押して、クーポンを取得し、決済時に使う。

これだけで利用が出来るので、5月以降のLINE Payの利用ではこちらをご参考ください。

 

 

 

スポンサーリンク

4 件のコメント

    • Doruziさん かなりの改悪で残念ですよね。使えるシーンは限られますがコンビニ等の割引率がいい時に使いましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です