【dポイント投資】改悪後の戦略 アクティブ・バランス「スイッチ作戦」を計算してみた。結果は・・・

改悪後のdポイント投資についての考察

 

【変更予定日時】2018年12月17日(月)午前0時より上限が設けられ改悪となります。

【変更内容】
1日※1に追加可能な運用ポイント数の上限を設定いたします。
■変更前 上限値:無し
■変更後 上限値:2,000ポイント
(ただし、THEO+ docomo※2をご利用※3のお客さまの上限値は10,000ポイントとなります。)

※1 当日午前0時から翌日午前0時になるまでの間の期間を指します。
※2 THEO+ docomoは、株式会社お金のデザインが提供する投資一任運用サービスです。株式会社NTTドコモは、お客さまと株式会社お金のデザインとの投資一任契約の締結の媒介を行います。THEO+ docomoは元本保証のサービスではありません。なお、THEO+ docomoの詳細については、こちらhttps://dpoint-inv.com/theo/)をご覧ください。
※3 ポイント投資をご利用中のdアカウントと同一のdアカウントTHEO+ docomoを運用中かつ、積立設定済(おつり積立含む)であることを条件とします。(運用中であっても、積立設定がされていない場合の上限値は2,000ポイントとなります。)なお、お客さま個人の上限値は、条件をすべて満たした翌日以降に変更されます。THEO+ docomoの口座を解約された場合や積立設定を解除した場合など、条件を満たさなくなった場合も、上限値は翌日以降に変更されます。

そこで今回、改悪後の方針について考えてみました。

  1. 預け続け投資する案:「アクティブ・バランス スイッチ作戦」
  2. アカウント分散案:毎日1アカウント2,000~4,000ポイントを管理
  3. 投資は一旦中止し、オトクに使う方法を検討

の考え方があるかな、と思います。

数千~数万ポイントの場合は今まで通りアカウントを増やしつつ投資する方法でも良いと思います。

仮に数十万ポイントなどお持ちの場合には、1アカウント1日上限2,000ポイント制限がある為「入れ続ける」か「アカウントを増殖」の手法になるかと思います。

よって上記の3案について考察してみましたのでご覧ください。

 

あくまでもシミュレーションの為、誤りの可能性もあり何らかを保証するものでもありませんのでその点ご注意の上ご確認ください。

 

(1)「アクティブ・バランス スイッチ作戦」について 計算してました

計算表はこちら

dポイント投資 計算式 アクティブ・スイッチ戦略計算式攻略

dポイント投資 計算式 アクティブ・スイッチ戦略計算式攻略

2018年6月~12月11日の期間にて、上記の表の様に試算を行いました。

入れ続けて、「アクティブ・バランス」に切り替えプラスの際は「最大化を狙い」つつ、マイナスの際は「ダメージを減らす」という形を考え、まずは平均値を算出しました。

「スイッチ作戦」での最大化を行った場合の複利を除く月平均結果は以下です。

月次結果「スイッチ作戦」(以下数値は複利除く、単純平均値とする)

2018年6月:2.75%

2018年7月:3.82%

2018年8月:2.51%

2018年9月:3.14%

2018年10月:-2.81%

2018年11月:4.91%

2018年12月:-0.80%

累計:13.52%(複利は除く平均合計値)

 

月によっては負けるケースもありましたが、6か月+約10日の累計平均では13.52%の増加になりました。

毎日コースの入れ替えが必要ですが、このやり方でも累計では増加にはなりそうですね。

 

100万ポイントを投資したと仮定し、「複利」を含めた計算結果は?

上記はあくまでも平均値となります。よって仮に100万ポイントを預け続け、複利も含めた形での計算もしました。

計算式の右上にある最終ポイントの通り

14.10%のポイント増加

「100万」ポイントが「約114万」ポイントになりそうですね。

※140,965ポイントの増加となります。
※6か月+約10日の累計平均

 

計算上、複利含めるとこちらの増加見込める結果となりましたので低リスクで効果的に運用ができそうです。

 

仮に全てプラスの日のみ運用した場合の数値は・・・

かなり驚きの数値となりました・・・。

noteに別途まとめましたのでもしよろしければこちらもご覧ください。

 

(2)アカウント分散:毎日1アカウント2,000~4,000ポイント

これが現実的な案ですが、毎日1アカウントに2000ポイントを入れる形となります。

日が変われば追加は可能と思われますので、例えば17時以降に1度2,000ポイントを入れ、翌日に2,000ポイントを入れれば

1アカウント辺り4,000ポイント分のトライが可能と思われす。
※改悪後に確認必須

もし連続で上がれば、2日目は追加で2,000ポイントを入れ、6,000ポイントと増やしつつ運用可能ですね。

 

(3)効率的にdポイントを消費しましょう

dポイントはdポイントを利用して購入すると、ボーナスポイントが貰えるキャンペーンを開催してます。

【dポイント最大50%還元・ドコモ子育て応援プログラム加入者限定キャンペーン】※魔法のスーパーチャンスと併用はできるようでポイント全額払いでは出来ません。

2018.11.30

例えば上記の「子育て応援プログラム」では以下のキャンペーンを開催しています。

■キャンペーン概要

「ドコモ 子育て応援プログラム」加入者(加入中の方含む)が、キャンペーン期間中に本キャンペーンサイトからエントリーして以下のサービスを利用するとdポイントが最大50%還元されるキャンペーンです。

    • <dデリバリー>dポイント利用の50%をdポイント(期間・用途限定)でポイントバック
    • <dショッピング>dポイント利用の50%をdポイント(期間・用途限定)でポイントバック
    • <d fashion>購入金額に対しdポイント+10倍。10日・20日はd fashionデーの20倍と合わせて30倍
    • <dトラベル>電子レジャーチケットを購入された方に、ご購入金額の30%のdポイント(期間・用途限定)をポイントバック

このプログラムを活用すれば、さらに高還元率でdポイントを活用できますね。50%還元とは今までにない還元率となります。

 

dポイントを1度に10,000入れるために「THEO+テオプラス」docomoへの登録を



 

投資される方は登録は必須と思います。早めに登録しておきましょう。

 

dショッピングで購入するなら、1%と還元率の良い以下「2つのポイントサイト経由」がオススメ。

(1)colleeeというポイントサイト経由がオススメです

理由はドコモの回線を持っていない方でも1%という還元率になるからです。他の大手ポイントサイトは0.8%と少し低い為、ここがオススメの理由となります。

いつものお買い物もっとお得に!colleee

また、dショッピングだけでなく、「セブンネットショッピング」も4%などと高額還元で有名なサイトですので、良く使うサイトとして今後ランクインされるかと思います。

 

【ドコモ口座を未開設の方向け】ライフメディア経由での開設で、100円分のポイントが貰えます。

 

何度かご紹介しております「ライフメディア」で登録が今一番おトクで便利と思います。

ライフメディアへ無料登録

このサイトのメリットは、何と言っても最速でdポイントに交換が出来る事。

翌営業日には「通常のdポイント」にすることが可能です。

 

そして今なら、ライフメディア経由で「ドコモ口座」を開設すると100円分のポイントが貰えます。

 

 

 

ご登録後に「ドコモ口座」と検索されてみてください。

 

ドコモ口座を開設後には「キャッシュゲットモール」もお忘れなく

キャッシュゲットモールはご存知でしょうか。このサイト経由で購入などすると、dポイント・ストアポイントに加えて、キャッシュバックが貰えます。

以下のリンク先より会員登録が完了すると、新規利用登録キャンペーンとして100円が付与されます。のでぜひ登録してみてください。



先日もdショッピングで10%還元祭りを行っていましたので、事前に登録される事をオススメします。

 

 

【まとめ】3パターンをお好みでチョイスしてみてください。

  • 「スイッチ作戦」:大量にdポイントがある方は増やして行きたい方向け。
  • 「出し入れ作戦」:運用が可能(アカウント管理数次第)で投資が出来る方ならば今まで通りのやり方を。
  • 「ポイント利用還元率を考慮しオトクに使う」:使う事も視野に入れるのならば、上記(3)のキャンペーンを見定めつつ、通常ポイントは出し入れしましょう。

 

こちらの3案を考えてみましたが、より良い利用方法がありましたらぜひTwitterやコメント欄にてご指摘・ご連絡頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です