【マイレージプラスセゾンゴールド・プラチナカード】2019年7月より「年会費が改悪」ですが「特典旅行の交換・優先搭乗」など大幅改善!

ユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」を貯めている方、必見です。

 

「マイルを貯めてハワイ旅行を」といった「海外旅行をいかに安く、数多く行く」という夢を叶える為、効率の良いポイントやマイルの貯め方・使い方を探求しています。

 

昔から国内・海外旅行が大好きで学生時代から長年研究し続けており、いかにして「安く海外旅行に数多く行けるようになりたいな。」と考えていました。

そして辿り着いたのは「航空会社のマイルを活用し、格安で旅行に行こう。」という技でした。

 

その中の1つが、日常生活の全ての支払いを「マイルの貯まるクレジットカード」に切り替え、マイルを貯めまくろう。というテクニックです。

 

https://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca146.html

 

昔から利用しているのがユナイテッド航空の「マイレージプラス」が貯まるクレジットカード。

その中でも業界トップクラスのマイル換算率を誇る

「MileagePlusセゾンカード(マイレージプラスセゾンカード)」

これは1,000円の利用で15マイル貯まります。

 

私は「プラチナカード」を保有していますが、「マイレージプラス」が貯まるクレジットカードを多々使い続け、2019年6月現時点で「283万マイル」を保有しています。

 

不定期に利用しているので減りつつ増えつつですが、今年中には1つの目標である「トリプルミリオン:300万マイル保有を突破」する見込みです。

 

この様に多く貯める為にも重要となるクレジットカード【MileagePlusゴールド・セゾンプラチナカード】ですが、この度「新サービスの案内」が来ました。

 

2019年7月から「新サービスラインアップ」と「年会費改定」です。

 

 

●各サービスは2019年7月から適用開始となります(本会員様)。

●年会費の変更は2019年9月引き落とし分より適用されます。

 

今回は非常に衝撃を受けました。結果として良い意味での衝撃となりました

「年会費の改定、驚きのサービス改善」がありましたのでご紹介したいと思います。

 

 

公式サイトでのご案内はこちら

 

https://www.saisoncard.co.jp/mileage/1905revise/

 

新たな特典を加えて、年会費が改定(高くなります)。

 

「年会費貧乏」になりそうな程、上がります。

 

 

私は「MileagePlusセゾンプラチナカード」を保有し利用していますが、見た瞬間心が折れそうでした。

プラチナ:3.6万円 ⇒ 5万円(税抜)

ゴールド:1.5万円 ⇒ 2万円(税抜)

 

プラチナカードなのに、ブラックカード並みの年会費になってしまいます・・・。

【JCBブラックカード】THE CLASS(ザ・クラス)入会申込書をついにゲット!

2019.06.08

 

これを見た瞬間、もうホルダーも辞め時かな・・・と悩みましたが、「新たな特典」に目が移りました。

 

 

よく読みこむと、今までにない程「改善」がなされております。

 

これはプラチナで「1.4万円の差」で得られるサービスレベルと考えれば、非常に安い!

 

特に私の様な「マイルを多く保有しつつも、会員ランクが低い陸マイラー」にとっては朗報と思います。

 

この「至福の改善点」を詳しく見ていきます。

 

「至福のプログラム特別なカードに進化」すると記載が!

 

期待に胸が高鳴ります!

 

更に充実の新たなサービスをプラス。グレードアップされた特別なカードに進化!

 

 

空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パスの進呈や「優先搭乗」「特典旅行の交換がしやすく」なります。

 

これは凄いですね。プレミア特典を得られる「上級会員」にならなければ受けられないサービスが、「一部」だけ含まれています。

 

今回サービスが切り替わる券種は2種類。比較表としては以下の通りとなります。

 

 

今までは、プレミア特典(上級会員)でなければ行えなかったサービスを「一部だけ受けること」が出来そうです。

長くなる為プレミア会員の詳細は当記事の最後にまとめますが、先にその改良点を一つ一つ見ていきます。

 

今回の「5つのサービス改善点」を1つ1つ詳細調査の上、ご紹介。

 

「5つのサービス改善点」があります。

 

2019年7月からの新サービスラインアップ
  1. 空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」利用パス進呈〔プラチナカード本会員〕
  2. 無期限のマイルを無制限で貯める〔プラチナカード本会員〕
  3. 適用除外日の無い特典旅行〔プラチナ/ゴールド本会員〕
  4. パーソナルマイルが10%お得に〔プラチナ/ゴールド本会員〕
  5. 優先搭乗サービス〔プラチナカード本会員〕

 

 

カードの種類により変わる部分もありますが、プラチナカードの方は全て恩恵にあずかれるので細かく調査・記載してみます。

 

【その1】空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」利用パス進呈〔プラチナカード本会員〕

 

 

118ドル分相当が無料になります。

1回59ドル* × 年2回まで、2019年4月現在の価格です。

※カードご入会月の末までに「2枚」進呈いたします

 

2019年6月16日現在、1 ドル = ¥ 108.57 日本円ですので

12,811円相当ですね。

残念ながら「2枚しか頂けません」。ですが、これで「年会費の上り幅をほぼカバー」できてしまいます。

詳細の注意書きは除きますが、一部抜粋すると以下となります。

 

MileagePlusセゾンプラチナカード本会員は、空港ラウンジ ユナイテッドクラブの利用パス(以下「ワンタイムパス」)を使って、ユナイテッド航空便でのご出発までのお時間をお飲み物や軽食の無料サービスのほか、ワークスペースや無料Wi-Fiなどのアメニティをお楽しみいただきながらゆったりとお過ごしください。

ユナイテッドクラブのワンタイムパスは、MileagePlusセゾンプラチナカードのご入会後、および毎年のカード更新後に、本会員のマイレージプラスアカウントに2枚(2回利用分)追加されます。
マイレージプラスアカウント上でユナイテッドクラブ・ワンタイムパスが利用可能になると、ユナイテッド航空よりEメールでお知らせいたします。
マイレージプラスアカウントに登録されているEメールアドレスが最新であることをご確認ください。

 

https://www.saisoncard.co.jp/mileage/1905revise/popup.html

 

そもそも「ユナイテッドクラブ」って何?

 

世界各地に45か所以上あるユナイテッドクラブです。

フライトの合間のひとときを、世界各地の空港にある名高いクラブやラウンジでごゆっくりお過ごしください。

 

ユナイテッドクラブでは、待ち時間を有効にご利用いただけるよう、便利な各種アメニティをご用意しております。

  • ドリンクおよび軽食サービス(無料)
  • バーサービス(無料)
  • ご予約や座席指定、eチケットの手配
  • 高速ワイヤレスインターネット接続(無料)
  • プライベートフォンブース(スピーカーフォン完備)footnote*
  • 現地のレストランやエンターテイメント情報

*一部の施設でのみご利用可。

 

成田空港、グアム国際空港、ダニエルKイノウエ空港(ハワイ)、ヒースロー空港(ロンドン)などがあります。

まだ入った事が無いため不明ですが、成田空港でのGoogle Mapの写真を見る限りかなり和風でお酒・料理が豊富の様です。

年に2枚限定ですが、行く機会をなんとか見つけて別途レビューしてみたいと思います。

 

https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/airport/lounge/default.aspx

 

【その2】無期限のマイルを無制限で貯める〔プラチナカード本会員〕

 

実は「改善の様に見えます」が、あまり変わっていません・・・。

 

MileagePlusセゾンプラチナカードをご契約している限り、本会員は獲得したマイルの有効期限を免除となります。さらに、獲得マイル数の上限はございませんので、マイルを無制限に貯めることが可能です。

 

と言うのも通常18カ月間がマイルの有効期限なのですが、実際には使い続ける(増やし続ける)ればそもそも無期限だからです。

 

よってクレジットカードを保有し、使い続ければ実質無期限でマイルが貯められます。

会員規約のマイルの有効期限には以下の記載となっています。

 

会員のアカウントに蓄積されたマイルは、特典と交換されるとき、または有効期限が切れるときのどちらか早い時期までアカウントに保持されます。

連続する18か月間にアカウントのご利用(上記規定11で定義)がなかった会員は、会員資格停止の対象となり、蓄積したマイルは喪失します。 ユナイテッド航空は、マイルの失効が近づいていることを会員に通知する場合がありますが、義務は負わないものとします。

 

https://www.united.com/ual/ja/jp/fly/mileageplus/rules.html

 

プラチナホルダーになれば無期限なのは嬉しいものの、改善とは思えない残念な箇所ですね。

 

【その3】適用除外日の無い特典旅行〔プラチナ/ゴールド本会員〕

 

これが最高ですね。非常に嬉しいです!

適用除外の制限が取れるという事は、今まで取れなかった期間も取れてしまいます。

 

特典航空券の利用が可能なフライトで、座席が残り1席であっても、空席がある限り特典航空券のご予約を制限なくご利用が可能となり、一般会員に比べ交換できる座席数が増えます。

※ユナイテッド航空運航便が対象です。

 

MileagePlusセゾンプラチナ/ゴールドカード本会員は、マイルを利用してユナイテッド運航便の特典航空券をご予約になる際に、適用除外の制限がありません。(満席など、一部例外のフライトがございます。)特典の選択肢の幅がさらに広がります。詳細については、united.com/awardsをご覧ください。

 

一般会員であったため、席が無くて取れなかったチケットが今後取れます。

しかも空席がある限り。

 

今後非常に取りやすくなると思われるので、どんどん使ってみたいと思います。

 

【その4】パーソナルマイルが10%お得に〔プラチナ/ゴールド本会員〕

 

マイルが足りない時には使うかもしれませんが、実際はかなり割高です。

でも、少しだけ(10%)おトクになります。

 

 

これはクレジットカードを使って貯める方法とは異なり、直接マイルを購入する。という技です。

ですが「10%OFFになっても割高」です。

 

 

  • 2,000マイルで7,960円
  • 10,000マイルで39,799円
  • 20,000マイルで79,598円

 

になります。あと少しだけ足りない!という時には使うかもしれませんね。

あくまでも「緊急避難用」として考えたいと思います。

 

MileagePlusセゾンプラチナ/ゴールドカード本会員は、buymiles.mileageplus.comでパーソナルマイルを購入される際、販売価格から10%割引になります。他の割引サービス、キャンペーンとは併用ができません。

 

【その5】優先搭乗サービス〔プラチナカード本会員〕

 

これも嬉しいサービスです。

 

「プラチナ/ゴールド本会員」になることで得られます。

 

そしてここの嬉しい点は、同伴者も対象になる事。

同じ予約で旅行する同伴者は、カード本会員と同じ予約で旅行する場合のみ優先搭乗サービスをご利用いただけます。

 

実際は「プレミア会員」の様な上級会員の方の次となり、一般搭乗に先立つ形で機内へご案内します。

少しだけ早くなる感じですね。とはいえ「家族全員での同伴旅行」でも役立ちそうです。

 

優先搭乗サービスをご利用いただくには、カード本会員はご予約記録にマイレージプラス会員番号をご登録いただく必要があります。MileagePlusセゾンプラチナ/ゴールドカード本会員および同じ予約で旅行する同伴者は、カード本会員と同じ予約で旅行する場合のみ優先搭乗サービスをご利用いただけます。

優先搭乗サービスは、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレス運航便のみで提携航空会社が運航するコードシェア便は対象となりません。優先搭乗は、最初にお身体の不自由なお客様、マイレージプラス・プレミア会員、プレミアアクセスをご購入のお客様のご案内をおこない、一般搭乗に先立ち優先して機内へご案内します。

 

 

【まとめ】年会費が上がっても「それ以上のリターン」が得られる改善点が多々ありました。

 

長くなりましたが、非常に面白い改善となりました。

最初は年会費が上がる!という点に目が行ってしまい、もう解約しようかな。と思うほどですが

よくよく見ると改善点が多々あり、冒頭にあいさつ文にあった通り

「特別なカードに進化」したと感じました。

 

各サービスは2019年7月から適用開始となります(本会員様)ので、目前です。

 

ホルダーの方なら、より特典旅行が取れやすくなり優先搭乗されるのは嬉しいですね。

「マイレージプラス」のマイルを貯めている方は既にお持ちの方が多いとは思いますが、もしまだお持ちでない場合は「ゴールドカード以上を保有」しましょう。

 

今までよりも、より良い旅行プランが立てれそうです。

 

 

【カードの入会】ポイントサイト経由が2件ありましたが、少額です。

 

調べたところ「お小遣いJP」というサイトが一番高かったです。

こちらのサイト経由で申し込みをすれば、1,620円分のポイントが貯まりますので一度ご覧ください。

 

 

ポイントはドットマネーへの交換もできるようですので、少額ですがキャッシュバックが入りおトクでしたので一応ご参考いただければと思います。

 

とはいえ高額なカードだし直接の方が安心だな・・・。という方は、こちらのセゾンカード公式サイトからお申込みください。

 

https://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca146.html

 

なお、「プラチナカード・ゴールドカード」の違いは以下となります。

 

項目 MileagePlus セゾンプラチナカード MileagePlus セゾンゴールドカード
年会費 50,000 円(税抜) 20,000 円(税抜)
マイル還元 1,000円=15 マイル 1,000円=15 マイル
15マイル
付与上限
上限なし 500万円

※上限超過の場合1,000円=5マイル

ラウンジサービス NEW 空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」ご利用 無料

※ご利用には諸条件がございます。

マイル購入優遇 NEW 10 % 割引 NEW 10 % 割引
マイルの有効期限 NEW 無期限 最終マイル増減発生から 18ヶ月
特典航空券の交換優遇 NEW 交換座席数UP NEW 交換座席数UP
搭乗サービス NEW 優先搭乗

 

還元率は同一ですが「ラウンジサービスと搭乗サービスの違い」がありますね。

 

逸般人イチオシの航空マイル「マイレージプラス」、他にもまだまだ魅力があります。

今回は長くなった為、また次回別記事にてご紹介していきますのでお楽しみに。

 

 

【番外編】上級会員「プレミア特典」はどうやったらなれるの?特典は?

 

今回の改善により、上級会員限定のサービスの一部(特典航空券の交換優遇や優先搭乗)が含まれました。

ですが、本来なら「プレミア特典・会員資格」はどのようにすれば取得できるのでしょうか。

 

プレミア資格の取得はすべて、1暦年(1月1日~12月31日)にユナイテッドおよび/またはユナイテッド・エクスプレスが運航するフライトを有料で最低4区間ご利用いただくことが条件となります。

 

「マイルを活用」してではなく、1暦年にフライトを「有料で最低4区間」利用する事が必要です。

ANAのスーパーフライヤーズ(SFC)の様に、取得すれば一生得られるサービスとは異なり、毎年更新が必要なので維持のハードルも非常に高くなっています。

 

会員ランクとその条件

 

プレミアレベル 必要なPQMとPQS(および米国在住者に必要なPQD)
プレミアシルバー 25,000PQMまたは30PQS(および3,000ドル)
プレミアゴールド 50,000PQMまたは60PQS(および6,000ドル)
プレミアプラチナ 75,000PQMまたは90PQS(および9,000ドル)
プレミア1K 100,000PQMまたは120PQS(および15,000ドル)

 

PQM=プレミア資格対象マイル、飛行距離

PQS=搭乗回数

 

となります。

 

【具体例】成田~ホノルル間だと「片道:3,818PQM」が貯まります

 

こちらが公式サイトで予約した場合の画面となります。

一例として成田~ホノルルを選びました。

航空券を取った場合ですが、3,818PQMです。

往復で7,636PQM

 

プレミアシルバーになる為には、3.27回ハワイに往復しなければなりませんね。

あえて経由するなどの技もあるとは思いますが、上記の通りとなります。

 

よって頻繁に有料で旅行や出張に行かれる方なら別ですが、特典旅行のみを狙う「陸マイラー」が「ユナイテッドの上級会員」になるのは非常にハードルが高いのが現状です。

 

ANAの様に、マイルをスカイコインに変えて搭乗するような技は残念ながらありません。

 

出典:プレミア特典ほかより

https://www.united.com/web/ja-jp/content/mileageplus/premier/default.aspx?POS=JP

 

本音ではなんとか獲得したいほどのサービスです。

 

ですが私はプレミア会員(上級会員)を狙うのは諦めました。そのステータスを得るためのお金も時間も無いからです。

でも出来る事ならば、この特典の一部だけでも利用したいところですよね。

 

それが、今回の【MileagePlusゴールド・セゾンプラチナカード】の改定で「一部」だけですが得られそうです。

さらにその「一部」が利用するのに「非常に重要な箇所」で、クレジットカード(陸)マイラーのポイントをしっかり抑えてくれています。

 

プレミア会員別の特典についてのまとめです。

 

レイアウトが崩れてしまい申し訳ないのですが、以下の様にランク別特典があります。

 

エコノミープラスの特典補足情報1
エコノミープラス席の無料指定 チェックイン時 ご予約時 ご予約時 ご予約時
エコノミープラスにご同伴いただける旅客数 1 1 8 8
アップグレード補足情報2
無料プレミアアップグレード
無料プレミアアップグレードでのご同伴者アップグレード
無料プレミアアップグレード確定のタイミング ご出発当日 48時間前 72時間前 96時間前
YまたはBクラスのエコノミークラス普通運賃からの即時アップグレード (対象区間のみ)
Mクラスのエコノミークラス運賃からの即時アップグレード (対象区間のみ) ご利用いただけません ご利用いただけません ご利用いただけません
リージョナル・プレミアアップグレードの獲得 ご利用いただけません ご利用いただけません
グローバル・プレミアアップグレードの獲得 ご利用いただけません ご利用いただけません ご利用いただけません
プレミアボーナスマイル補足情報3
最低500プレミア資格対象マイル加算
ユナイテッド、ユナイテッド・エクスプレス、その他の対象提携航空会社のご利用で、特典マイル獲得(プレミア資格対象マイルを含みます) 7 x 運賃補足情報4 8 x 運賃補足情報4 9 x 運賃補足情報4 11 x 運賃補足情報4
プレミア優先トラベルサービス(プレミアアクセスを含む)補足情報5
優先チェックイン
優先セキュリティチェック(対象空港のみ)
優先搭乗
優先手荷物取扱いサービス
プレミアデスク専用電話回線 1K 1Call専用回線
特定の正規運賃において、ほとんどの満席のフライトでの予約確保
国際線でご旅行時の空港ラウンジ利用 ご利用いただけません
サービス料金および手数料の割引と免除
ユナイテッド・エコノミー航空券での無料受託手荷物許容量補足情報6 1個あたり32kg(70ポンド)(70ポンド) 1個あたり70ポンド (32kg) までの手荷物2個補足情報6 1個あたり70ポンド(32kg)までの手荷物3個 1個あたり70ポンド(32kg)までの手荷物3個
ユナイテッド・ビジネス、ユナイテッド・ファースト、ユナイテッド・ポラリスの航空券の無料受託手荷物許容量補足情報6 1個あたり70ポンド(32kg)までの手荷物3個 1個あたり70ポンド (32kg) までの手荷物2個補足情報6 1個あたり70ポンド(32kg)までの手荷物3個 1個あたり70ポンド(32kg)までの手荷物3個
同日内のフライト変更手数料の割引または免除補足情報7 ご利用いただけません
ユナイテッドクラブ会費の割引 ご利用いただけません ご利用いただけません
通話サービス料金の割引または免除 ご利用いただけません ご利用いただけません
特典旅行時の優遇
特典旅行の優先空席待ち
国際線特典旅行でのスタンバイ
ユナイテッドおよびユナイテッドエクスプレスが運行するフライトでのユナイテッドエブリデイ特典への無制限アクセス
ユナイテッドのセーバー特典でエコノミークラスの優先枠
ユナイテッドのセーバー特典で一部のプレミアムキャビンの優先枠 ご利用いただけません ご利用いただけません
直前特典予約手数料の減額または免除
特典マイル返還手数料の減額または免除補足情報8
特典変更手数料の減額または免除

 

ユナイテッドのマイルを多く持ちつつも、なかなか予約が取れないな。という方にとっては朗報ですね。

7月からの利用が非常に楽しみになりました。

今後もこの「マイレージプラス」の魅力をご紹介していきたいと思います。

 

記事のおさらい

スポンサーリンク

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です